お腹まわりのたるみを解消する簡単な引き締め方法を公開!

お腹まわりをねじるダイエット

全部で5セットたった10分

まず、両手両足を軽く開いて床の上に仰向けになります。次に片一方の膝を山形に立て、両手をまっすぐ開いておきます。そして手を固定したまま、立てている膝を(右足だったら左側に)ゆっくり倒していきます。

 

ゆっくり呼吸をしながら、背中が浮かないように気を付けて、膝は倒れるところまで倒したところで1分キープ。
ウエストの横と腰に伸びを感じるところでキープをするのがポイントです。

 

反対側も行って、1セットと数えます。全部で5セット、伸ばす時間にして10分。これを毎日繰り返します。

浮き輪ラインに効いてきます

この運動は寝ながらできますので、とても楽ではありますが、ベッドの上で行うと腰が下がりすぎてしまうので、できれば固い床か布団の上くらいの柔らかさで行うのがお勧めです。

 

お腹の前側ではなく、ウエストからもう少し下の横側と、いわゆる浮き輪ラインと言われる下腹の背中に近い横側にじわりじわりと効いていきます。

 

即効性のあるダイエットではないのですが、運動そのものが楽なので毎日続けられますので、日課に取り入れてください。
年齢とともに気になってくる浮き輪ライン対策になります。

 

注意していただきたい人は、腰痛持ちの方です。

 

このポーズは可能ですが、背中を付けたままにしていると腰に負担がかかるときがあります。そのときは少し肩が上がってしまっても仕方がないですので、腰を痛めない、無理をしない範囲で行ってください。

 

お腹回りには腹筋マシンが効果的


PAGE TOP