お腹まわりのたるみを解消する簡単な引き締め方法を公開!

普通の腹筋がつらい人はコチラ

あなた腹筋出来ますか?

普通に腹筋ができる人であれば普通に腹筋をしたらいいのですが、1回くらいしかできな方や、1回もできない方もいらっしゃいますよね。そんな方は、普通の腹筋をすることでお腹まわりのたるみを引き締めて痩せさせるのは難しいものです。

 

でも諦めないでください。そういう人用向けの腹筋のやり方があるのです。

膝の形とクッションが助けてくれます

まず、床に寝転がります。そして膝を山の形に立てて、腕を胸の前でクロスします。反対の肩を触るくらいです。

 

そのまま一回腹筋をしてみます。

 

上がれる人はいいですが、全然上がれない人は、さらに背中と腰の間くらいに薄いクッションを置きます。一番難しい床から体を上げるところに補助を入れる感じになりますので、ぐっと上がりやすくなると思います。自分の状態にあったクッションの厚みを調整してください。

 

自分の力でがんばれば上がれる形になったら、さあいよいよスタートです!

 

一度腕をクロスしたまま上に上がります。
上がったら、左右に体をゆっくりひねります。そのままゆっくり降りていきます。ゆっくり降りるのがポイントです。

 

次は、右斜めに向かって上がっていきます。
上がれたらそのままゆっくり降りてきます。左斜めも同じように行います。これがワンセットです。

 

10セットやったら休憩して、それを3回繰り返します。

お腹まわりの筋肉に意識を集中しましょう

腹筋がつらい人、できない人には、筋力が足りない場合もありますが、逆上がりができない人のように、どこかコツがつかめていないことがありますので、この方法でまっすぐ上がっていくイメージをつかめると徐々に普通の腹筋ができるようになると思います。

 

首で上がろうと首に力を入れないようにしてください。首と肩が凝ってしまいます。最悪の場合、首の筋を痛めてしますこともあります。

 

集中するのは腹筋ですので、腹筋に力を入れてやるようにしましょう。


PAGE TOP