お腹まわりのたるみを解消する簡単な引き締め方法を公開!

半分の前屈ダイエット

毎日5分でお腹まわりのたるみが引き締まりますよ

自分の脚の付け根の高さより少し低い椅子やテーブル、ベッドなどを用意します。その上にクッションや枕を置いておきましょう。私は少し低いベッドなので布団を半分にして、枕を置いて行っています。

 

その椅子等から少し離れて立ち、手を脚の付け根に当てます。そのままゆっくり、その手のところから曲げるように降りていきます。半分まで前屈で来たら、クッションの上に顔を乗せます。腕は顔の横に置くようにしましょう。そしてそのまま5分キープします。

 

ポイントは、足の付け根から曲げるところ。
背筋を伸ばしたまま曲げ、キープ中も猫背にならないこと。
さらに、脚は足の裏の真上になる位置から前にも後ろにも倒さないことです。

 

これは、ヨガの半分の前屈の応用です。

 

ヨガの半分の前屈は、どうしても重心が後ろに行って、お尻を引いて楽な姿勢になってしまうので、この方法がお勧めです。
いすなどに顔を置くことで重心が前にちゃんと来るように修正します。

 

クッションの上に顔をつけて、意識は腹筋と重心がどこにあるかを見ていきます。お尻が引けてしまっているようでしたら、少し椅子を離してお尻が引けた状態にならないようにしてください。

 

顔が支えられているので、楽なようですが、重心のかける位置が正しくなれば、かなりお腹に効いてくるのを感じられると思います。

 

毎日5分を続けてみましょう。それだけでお腹まわりのたるみが引き締まりますよ。


PAGE TOP